人はなぜ生きるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

科学は人類の生物的由来、物理的由来を明らかにしつつあります。でも科学は人間存在の意義、人の生の価値については明らかにしてくれません。人は一体何のためにこの世に生まれてくるのか。人の生に何の価値があるのか。それについて、たとえばお釈迦様やイエス様など宗教の開祖は明らかにして下さってるのでしょうか。実は自分が読む限り、経典にも聖書にもどこにもその答えは見当たらないのです。どう生きるべきか、は確かに書いてあります。しかし何故生きねばならないか、は書いてないのです。哲学書はどうでしょうか。難しい言葉が並んでいるがどうも的を得た言葉は見当たらない。自分は子供のころから、人が生きるその理由がどうしても知りたかったのです。気がつくと生きるべく方向づけられている、この自分は何故生きねばならないのか。生きていることがあまり楽しくない人間なら、普通に考える事なのかもしれませんね。でも教えてくれる人は誰もいなかった。教えてくれる人がいたらどんなにありがたい事だったでしょうか。自分の生の意義を知りたい。そして今、それを知りたい若い人、昔の自分のように心の中であえいで苦闘している人がいるのだとしたら、私は自分の知りえた事をその人にお伝えしたいと思います。もちろん真実の保証などできるはずもないのですが。受け取る受け取らないはあなたの自由です。
人は何のために生まれてくるのか。その目的は、知の聖化、情の純化、意の強化、のためなんだそうです。人の心の働きを分類すると、知性、感情、意志(意念ともいう)に分けることができ、この物質世界に生まれてくる目的は、知性を聖化する、感情を純化する、意念を強化する、それが生まれてくる目的だというのです。
知の対象にはさまざまなことがらがあります。たとえば博打が好きな人もいるでしょう、狩りが好きな人もいます。音楽が好きな人もいれば、機械が好きな人もいます。その人その人の進化の度合いによってその知の対象は聖化していくということです。
感情にはいろいろな働きがあります。怒り、悲しみ、嫉み、喜び、恨みなど、その感情はなんらかの対象に触れ、認識することによって湧き上がってきます。人は進化するにつれて、それを自己コントロールし純化するようになるのです。
意志(意思ではない)の強さは人それぞれです。強い人もいれば弱い人もいます。人それぞれ向き合う困難の度合いは相対的なものだからです。人は進化するごとに乗り越えられる困難が増し意念が強化されていきます。
そしてその知、情、意を統合しているのが魂といわれるものなのだそうです。
これは無論、非物質的世界、生前の世界、死後の世界の存在を前提としています。つまりあの世ですね。自分はあの世は存在すると思っています。霊的世界と言ってもいいですね。なぜならこのように考え、体験を積み、成長してきた自分という精神的存在が単なる脳の作用にすぎず、肉体の死とともに消えて無くなるとは到底思えないからです。精神的存在の自分は永遠に続く。人生にはそれ自体に目的があり、死後もその目的は永遠に続く。自分の個性、自分以外の人それぞれの個性もさまざまです。たとえば自分の父や母、その人たちの個性が死とともに消え失せたとはとても思えないのです。個性はなんらかの理由があって存在している、あるいは存在していたはずなのです。
科学の隆盛とともにあの世を信じない人が多くなりました。しかし科学は我々が存在する宇宙のどれほどを解明したのでしょうか。宇宙の質量の8割以上はダークマター(暗黒物質)だという。実は何がなんだかわからないから暗黒物質というのです。つまり科学はまだ宇宙の物質の2割も解明していないのです。プレデターという映画はご存知でしょう。異星人は赤外線センサーで地球生物を見ている。かたや人間は光学シールドで防御されてる異星人を見ることができない。しかし見えないからといって存在しないわけではない。現状認識できないからといって、絶対存在しないと決めつけるのは、愚かな人間の思い込みではないでしょうか。霊的世界は我々がいる物質的世界とは波動の波長が違うのだといわれます。最新の物理学、超弦理論では最小世界は粒子ではなく波動であって、しかもいくつもの世界が並行的に存在しているのだという。いつの日か科学は霊的世界の存在を明らかにする日がやってくるのかもしれません。しかもそう遠くない日に。その時科学は宗教と統合されることになるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です