無宗教は人間性の否定である

世の中に悪い人間がどんどん増えています。人をだましてそれがバレると、だまされる方が悪いと言ってはばからないような人間がどんどん増えています。どうしてだと思いますか?それは無宗教の人間が増えたからです。無信心の人間と言ってもいいのかもしれません。そもそも宗教とは何なのでしょうか。国語辞典によれば、神・仏など超人間的・絶対的なものを思慕・崇拝・信仰して、それによってなぐさめ・安心・幸福を得ようとする機能とあります。神でも仏でもご先祖様でも精霊でもいい。とにかく誰かが何かが自分の行いを見ていると意識している事がここでは肝心なところです。自分のしている行為はたとえ誰も見ていなくてもお天道様が見ている。だから悪い事はできないということです。自分のした行いは消えることがなく死後に裁かれて行い相応の場所に身を置くことになる。だから悪事はやめておこうという抑止力が働くのです。ところが科学以外信じない人はそうではない。誰も見ていなければそれでいい。死んだら自分は消えて無くなるのだから死後の事などどうでもいい。刑罰があるから法律だけは守るかすり抜けるかするけれど、それ以外の人倫・道徳などはどうでもいい。人を押しのけようが騙そうが、自分がいい思いをすればそれでいいという事になります。これが科学万能時代の人間社会です。科学を否定するつもりは毛頭ありません。しかし人間は宗教という長年かけて築き上げてきた偉大な思惟的財産を捨ててしまってはいけないのです。何故なら人間が不幸になるからです。幸福な社会が不幸な社会になるからです。宗教はうさん臭い、そう思うのも無理はありません。戦後は宗教の名のもとに悪い事件が頻発しています。オーム真理教を筆頭に新興宗教で幸せになったという話は残念ながら聞いたことがありません。高い金を寄付させられた。無理やり入信させられた。サリンガスを撒いた。イスラム教と聞くとテロや戦争を思い浮かべてしまう世の中です。しかしそれでも我々は認識を改める必要があります。第二次大戦後のユダヤ人帰還運動とパレスチナ人追放、イスラエル建国が始まる以前、エルサレム市街では二千年近くの長きにわたり、ユダヤ教の信者とイスラム教の信者は平和に共存し暮らしていたのです。戦後、創価学会や幸福の科学が始まる以前に、日本人は江戸時代以来それぞれの家庭に仏壇があり、浄土真宗やら日蓮宗などのそれぞれに宗派があって、神棚を祀って拝んでいました。しかもそれらは見事に政治とは切り離されて政教分離がなされていた。だからこそ日本は秩序が保たれた平和な社会が続いたのです。はっきり言います。日本人に新興宗教は不要です。昔ながらの仏壇を家に置いて、今まで通り先祖伝来の宗派に従い仏様とご先祖様に手を合わせましょう。宗派のない日本人はいないはずです。お金のない人は段ボール箱でも構わないのです。神棚にお札を祀って地域の神様と自分の出生地の神様に感謝しましょう。今ではそのやり方すら分からない人が多いのかもしれません。まずは死後の世界を信じ、因果応報を信じましょう。自分を不幸にしないために、人類を不幸にしないために。

おごり高ぶり庶民を洗脳し誘導しようとする悪業深きマスコミ人

かつて日本はマスコミに煽られ無謀な太平洋戦争に突き進みました。かつてのアメリカもマスコミの創り出した醜いジャップに対する敵愾心に煽られ、日本を経済封鎖で囲い込み、パールハーバーに追い込み、そして開戦したのです。人は本来戦争など望むはずがありません。平和に穏やかに暮らしたいものなのです。しかし無理やりそれを戦争に駆り立てる一握りの人達がいるのです。お金を儲けるために、自分の地位権力が欲しいがために、庶民を人殺しに駆り立てるのです。そして大元の支配者は安全なところからそれをコントロールしています。マスコミという道具を使って。道具であるマスコミで働く人々も同じ穴のムジナです。お金や社会的地位や権力に支配されて、理念だの正義だのは本音を言えばどうでもいいのです。人のことなどどうでもいい。それがマスコミ人です。もちろん下っ端は小悪党、上にいくほど大悪党になります。悪党じゃないと上にいけない仕組みになってるからです。トップにいる者は悪魔の手先ということになります。アメリカや日本のマスコミも当時と全然変わってないことは一目瞭然です。トランプ大統領は選挙で多数を得て国民が選んだのですが、マスコミは当選直後からまずその多数であることの否定を始めました。証拠などないにも関わらずです。これは多数決という民主主義の否定なのですが、ここからも実はアメリカの真の支配者は国民ではなく本来別のところにいるということがわかります。安部政治を許さないという日本のマスコミも同じです。森友、加計の学園問題も一体何が問題なのか大多数の人はよくわかっていないのではないでしょうか。火のないところに煙を立てて、やれ忖度だの内部文書だの、違法性のかけらもないところに疑念を持たせます。延々と騒いでいるうちに何となくあいつはうさん臭い、もしかしたら何かあるのかもしれない、やはり長期政権はだめだと思わせればしめたものです。それ自体が目的なのですから。そのためには汚物のような元役人を正義の味方にしたてあげることさえ全然平気です。道徳だの人倫だの、もともとそういうものから自分自身踏み外してしまっている人達なのですから。まず証拠もないのに騒ぎ立て疑念を持たせる。印象操作をする。うそも百遍唱えれば真実味を帯びてくるというわけです。そうして国民を自分の望む方向に誘導して行く。全てのマスコミが同じ論調で。まさしく大本営発表そのものですね。大東亜共栄圏万歳です。疑われた当人はもちろん否定するのですが、そんな弁明は嘘だと絶対に認めてはもらえない。そして延々と責め立てられる。だがなかったことの証明はどうにもしようがない。つまり言ったもの勝ちということです。マスコミの目的はなんなのでしょうか?もちろん安部内閣を倒し憲法改正をさせないことです。憲法改正をされるとなぜ困るのか。日本が普通の国家になって普通に軍事力の整備をすることになるからです。それを困る人たちが日本のマスコミを支配しているということです。ここまでくればもうおわかりですね。日本のマスコミはNHK、民放含め、大半の紙的媒体も、日本が嫌いでしかたがない洗脳された左翼、共産主義者、中国人や朝鮮人、そしてその背後ではアメリカのウォール街やロンドンシテイのユダヤ系国際金融資本家やネオコンと呼ばれる軍産複合体を構成する人たちが支配しています。日本のマスコミは日本人のものではありません。アメリカのマスコミもアメリカ人のものではありません。韓国、中国もむろんです。グローバリストと呼ばれる無国籍でおそらくは租税回避で税金も払わぬごく一握りの超大金持ちのひとたち、それが金の力で戦前戦後関わらず世界を動かしているのです。プーチン以前のソビエト連邦も実は彼らが動かしていたのです。彼らがソ連を作りソ連を動かしていた。冷戦などはったりだったのです。彼らはある時は新自由主義、ある時はリベラリズム、ある時は共産主義などさまざまなイデオロギーを使い分けます。でも彼らにはもともと信条などはありません。あるのはただ一つ。お金儲けです。そして最終的には国境をなくし、無国籍少数者による世界人類支配を目指しているのです。EUもそのために作られました。圧倒的強者が弱者から制限なく利益を搾り取る。それには国家という枠組みが邪魔なのです。そのためには単一民族国家などは目障りなのです。日本でも移民を推進し外国人支配を推し進め、日本人の混血化を推し進めています。いずれは日本は日本でなくなるでしょう。詳しいことは馬渕信夫さんの本を読みましょう。馬渕信夫さんこそ現在の日本最高の知性です。中国共産党や朝鮮人からお金をもらい、日夜女を提供してもらって、弱みを握られロボットとなっているNHKや民放のトップは在日朝鮮人であれ日本人であれ恥を知るべきです。自治労や日教組、朝鮮総連から金や女を提供されて左翼の味方になっている役人のトップや政治家は恥を知るべきです。スポンサー収入の面からマスコミに圧力をかけ、放映権売買の中抜きで国民のお金から巨額の暴利をむさぼり権力者を気取っている外国人支配の電通は解体すべきです。悪党ほど上に行く社会を変えねば国が滅ぶのです。
日本人はまずこういう真実を知るところから始めましょう。

人はなぜ生きるのか

科学は人類の生物的由来、物理的由来を明らかにしつつあります。でも科学は人間存在の意義、人の生の価値については明らかにしてくれません。人は一体何のためにこの世に生まれてくるのか。人の生に何の価値があるのか。それについて、たとえばお釈迦様やイエス様など宗教の開祖は明らかにして下さってるのでしょうか。実は自分が読む限り、経典にも聖書にもどこにもその答えは見当たらないのです。どう生きるべきか、は確かに書いてあります。しかし何故生きねばならないか、は書いてないのです。哲学書はどうでしょうか。難しい言葉が並んでいるがどうも的を得た言葉は見当たらない。自分は子供のころから、人が生きるその理由がどうしても知りたかったのです。気がつくと生きるべく方向づけられている、この自分は何故生きねばならないのか。生きていることがあまり楽しくない人間なら、普通に考える事なのかもしれませんね。でも教えてくれる人は誰もいなかった。教えてくれる人がいたらどんなにありがたい事だったでしょうか。自分の生の意義を知りたい。そして今、それを知りたい若い人、昔の自分のように心の中であえいで苦闘している人がいるのだとしたら、私は自分の知りえた事をその人にお伝えしたいと思います。もちろん真実の保証などできるはずもないのですが。受け取る受け取らないはあなたの自由です。
人は何のために生まれてくるのか。その目的は、知の聖化、情の純化、意の強化、のためなんだそうです。人の心の働きを分類すると、知性、感情、意志(意念ともいう)に分けることができ、この物質世界に生まれてくる目的は、知性を聖化する、感情を純化する、意念を強化する、それが生まれてくる目的だというのです。
知の対象にはさまざまなことがらがあります。たとえば博打が好きな人もいるでしょう、狩りが好きな人もいます。音楽が好きな人もいれば、機械が好きな人もいます。その人その人の進化の度合いによってその知の対象は聖化していくということです。
感情にはいろいろな働きがあります。怒り、悲しみ、嫉み、喜び、恨みなど、その感情はなんらかの対象に触れ、認識することによって湧き上がってきます。人は進化するにつれて、それを自己コントロールし純化するようになるのです。
意志(意思ではない)の強さは人それぞれです。強い人もいれば弱い人もいます。人それぞれ向き合う困難の度合いは相対的なものだからです。人は進化するごとに乗り越えられる困難が増し意念が強化されていきます。
そしてその知、情、意を統合しているのが魂といわれるものなのだそうです。
これは無論、非物質的世界、生前の世界、死後の世界の存在を前提としています。つまりあの世ですね。自分はあの世は存在すると思っています。霊的世界と言ってもいいですね。なぜならこのように考え、体験を積み、成長してきた自分という精神的存在が単なる脳の作用にすぎず、肉体の死とともに消えて無くなるとは到底思えないからです。精神的存在の自分は永遠に続く。人生にはそれ自体に目的があり、死後もその目的は永遠に続く。自分の個性、自分以外の人それぞれの個性もさまざまです。たとえば自分の父や母、その人たちの個性が死とともに消え失せたとはとても思えないのです。個性はなんらかの理由があって存在している、あるいは存在していたはずなのです。
科学の隆盛とともにあの世を信じない人が多くなりました。しかし科学は我々が存在する宇宙のどれほどを解明したのでしょうか。宇宙の質量の8割以上はダークマター(暗黒物質)だという。実は何がなんだかわからないから暗黒物質というのです。つまり科学はまだ宇宙の物質の2割も解明していないのです。プレデターという映画はご存知でしょう。異星人は赤外線センサーで地球生物を見ている。かたや人間は光学シールドで防御されてる異星人を見ることができない。しかし見えないからといって存在しないわけではない。現状認識できないからといって、絶対存在しないと決めつけるのは、愚かな人間の思い込みではないでしょうか。霊的世界は我々がいる物質的世界とは波動の波長が違うのだといわれます。最新の物理学、超弦理論では最小世界は粒子ではなく波動であって、しかもいくつもの世界が並行的に存在しているのだという。いつの日か科学は霊的世界の存在を明らかにする日がやってくるのかもしれません。しかもそう遠くない日に。その時科学は宗教と統合されることになるのかもしれません。

孤独な人に贈る言葉

釈迦の言葉

ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、わが身を整えて、林のなかでひとり楽しめ。(ダンマパタ305)

こんにち、利益をめざさない友は、得難い。自分の利益のみを知る人間はきたならしい。犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ75)

愚かな者を同伴れ(みちづれ)とするな。独りで行くほうがよい。独りで歩め。悪いことをするな。求めるところは少なくあれ。林のなかにいる象のように。(ダンマパタ330)

孤独を恐れるこころを捨てましょう。利害の伴わない友人は得難いものです。結婚し家庭があるから必ず幸せとは限りません。憎しみあう生活がやってこないとは限らないのです。

それよりも

あらゆる生き物に対して暴力を加えることなく、あらゆる生き物のいずれをも悩ますことなく、また子を欲するなかれ。いわんや朋友をや。犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ35)

楽しみで釣りをしてはなりません。キャッチアンドリリースなど欺瞞です。自分が釣り上げられて御覧なさい。巨大な金属の針が自分の上あごに突き刺さったその痛み、苦痛がどれほどのものか。死んでしまう魚がどれほど多いか。愚かで傲慢な人間は想像することさえできないのです。

日本の人口減など心配する方がどうかしてます。江戸初期約1700万、明治維新約3500万、大正時代約5600万、昭和終戦時約8000万、昭和45年1億人突破、それから40年後2010年に1億2800万、この狭い国土にこれ以上必要でしょうか?本来この国土が養える人口をとっくに超えています。人口減を問題にする人は移民を増やし日本を混血化する策略のためにそう言っているのです。

朋友・親友に憐れみをかけ、心がほだされると、おのが利を失う。親しみにはこの恐れのあることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ37)
ただし、
われらは実に朋友を得る幸せをほめたたえる。自分よりもすぐれあるいは等しい朋友には親しみ近づくべきである。このような朋友を得ることができなければ、罪過のない生活を楽しんで、犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ47)

交わりをしたならば愛情が生ずる。愛情にしたがってこの苦しみが起る。愛情から禍いの生ずることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ36)
子や妻に対する愛著は、たしかに枝の広く茂った竹が互いに相絡むようなものである。筍が他のものにまとわりつくことのないように、犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ38)
ただし
もしも汝が、賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者を得たならば、あらゆる危難にうち勝ち、こころ喜び、気をおちつかせて、かれとともに歩め。(スッタニパータ45)
しかしもしも汝が、賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者を得ないならば、たとえば王が征服した国を捨て去るようにして、犀の角のようにただ独り歩め。(スッタニパータ46)

すべてはあるがままに。恐れの心を捨てましょう。不満の心を捨てましょう。今の自分を肯定しましょう。よく言われる言葉ですね。人は生まれる時も独り。死ぬ時も独り。と